plum’s blog

Write about various genres

業務スーパーのブラジル産鶏肉2kgで唐揚げ60個作ったぞ!~保存編~【レシピあり】

f:id:ShuN1:20201126132754j:plain

 

こんにちは!plumです。

 

今回は業務スーパーのブラジル産鶏肉を使った6種類の唐揚げの作り方をご紹介していきます!

 

  • ブラジル産の鶏肉って実際どうなの?
  • 2kgの冷凍鶏肉の扱い方
  • 保存方法
  • 唐揚げの味付けレシピ

 

備忘録も兼ねてこのようなことについてお話していきますので、節約や料理に興味のある方はぜひ読んでみてください。

 

 筆者について 

日本唐揚協会の会員(通称:カラアゲニスト)。家庭で安く簡単に作れる最強に美味しい唐揚げを目指して日々研究中。調理師免許所持。

 

 

業務スーパーのブラジル産鶏肉は2kgでなんと598円!

f:id:ShuN1:20201125204005j:plain

 

  • 業務スーパーのブラジル産鶏もも肉2kg・・・598円
  • 業務スーパーの国産鶏もも肉2kg・・・820円
  • スーパーの鶏もも肉2kgの相場・・・2200円(100g 約110円)

※価格は店舗によって多少違いがあります

 

上記の通り、業務スーパーのブラジル産鶏もも肉2kgは比較すると値段が圧倒的に安いことがわかります!

 

唐揚げ好きで週に1回は必ず唐揚げを作る私にとってはとてもありがたいです。

 

業務スーパーの商品の中でもコスパの高さは随一で、利用者にも大人気な商品です。

 

ちなみに画像とは別にパッケージの違うブラジル産鶏もも肉がもう一種類ありますが、特に違いはありません。

 

ブラジル産の鶏肉って大丈夫なの…?

この量でこの安さ、さらに国産じゃないとなるとやはり安全性が心配になるかと思います。

 

安全性については調べてみると色んな説がありますが、私はお店で売ってある時点で大丈夫なものという判断をしているので気にしていません。

 

味も私がバカ舌なのかもしれませんが、普通にスーパーで売ってある鶏肉と特に変わりません。

 

しかし、脂や筋などの処理が雑で、それらを自分でしっかり処理しなければ当然臭みが残り味も落ちます。

 

変に心配しながら料理をしても食事を楽しめなので、不安な方は自分で調べたうえで判断して使いましょう。

 

業務スーパーのブラジル産鶏肉2kgの解凍方法

業務スーパーのブラジル産鶏もも肉は2kgもあるので、解凍にも時間がかかります。

 

常温解凍や電子レンジ、流水にさらすなど色々ありますが、おすすめは冷蔵庫に入れての半解凍です。

 

業務スーパーのブラジル産鶏もも肉2kgは、1枚約300gの鶏もも肉が6枚くらい入っています。

 

一般家庭でこれを一気に使うことはほとんどないので、解凍後はジップロックなどで分けておくと思いますが、鶏肉は解凍後にもう一度冷凍すると旨味が逃げたり細菌が繁殖したりするのであまりよろしくありません。

 

そのため完全に解凍するのではなく、冷蔵庫で約24時間ほど置いて半解凍くらいになったら小分けにする方法がおすすめです。

 

業務スーパーのブラジル産鶏肉の下処理方法

ここからは業務スーパーのブラジル産鶏もも肉2kgの下処理方法(唐揚げ用)を写真付きでご紹介します。

 

1.1枚ずつ引き剥がす

f:id:ShuN1:20201125172800j:plain

 

まずは袋から取り出し1枚ずつ引き剥がしていきます。

 

そしてまな板にドーン!と乗せて「これが598円しかしないのか…」と格安で鶏肉をゲットした喜びを感じてください。

 

袋から取り出す際にはドリップが溜まっていると思うので、こぼれてもいいようにシンクの中で開けましょう。

 

2.筋・脂身・血合いを取り除く

f:id:ShuN1:20201125172813j:plain
f:id:ShuN1:20201125172822j:plain

 

業務スーパーのブラジル産鶏もも肉2kgは、下処理が雑なので写真のように筋・脂身・血合いが残っています。

 

私はまだ経験したことがないですが、骨が残っていることもあるそうです。

 

臭みの原因となるので綺麗に取り除くのが一般的ですが、超めんどくさがりの私は正直目立ったとこだけ適当にとって使っちゃいます笑

 

味も別に美味しいし楽です!(舌がバカなだけ)

 

3.切り分ける(仕込み)

f:id:ShuN1:20201125172751j:plain

 

唐揚げサイズに切り分けるとこのようになります。

 

唐揚げマウンテンです。なんかグロイですね。

 

f:id:ShuN1:20201125172831j:plain

 

唐揚げサイズにカットすると約60個になります。

 

私の場合は1回で10個は食べるのでこれで唐揚げ6回分です。幸せ。

 

切り分けたらそのまま冷凍してもよいですが、ついでに味付けしておくと調理するときに便利です。

 

 

唐揚げレシピ(6種類)

f:id:ShuN1:20201125172841j:plain

 

今回は唐揚げ用に6種類のタレに漬け込みました。

 

最強の唐揚げを求めて研究中なので、ネットにある色んなレシピを参考に毎回違う味を試しています。

 

まだ最強の味付けに出会えていませんが、どれも美味しいのでぜひ参考にしてみてください。

 

①王道甘辛唐揚げ

【レシピ】唐揚げ10個分

  • 酒・・・20cc
  • 万能あわせ調味料・・・30cc 
  • しらだし・・・30cc
  • 砂糖・・・大さじ1と1/2
  • 味の素・・・3振りくらい
  • にんにくチューブ・・・5cm
  • しょうがチューブ・・・5cm

※万能あわせ調味料は醤油・みりん・砂糖を1:1:1の比率で合わせたものです。

 

王道の甘辛醤油唐揚げです。

 

砂糖を多めに入れることで、お肉屋さんの唐揚げのような甘い唐揚げができます。

 

使っている万能合わせ調味料は作り置きしておくと超便利でオススメ。(お店でも売ってありますが簡単に作れるのに買うのは勿体ない!)

 

肉じゃが、煮つけ、煮物、すき焼き、照り焼きなど大抵の料理で使います。

 

作り方は醤油・砂糖・みりん1:1:1の比率で合わせて鍋で軽く煮詰め、熱湯殺菌した瓶などに入れて完成。(酒を加えても良いです)

 

冷蔵庫で約1カ月持ちます。

 

②和風塩唐揚げ

【レシピ】唐揚げ10個分

  • 酒・・・20cc
  • 白だし・・・50cc
  • にんにくチューブ・・・3cm
  • しょうがチューブ・・・3cm
 
シンプルな和風の塩唐揚げです。
 
味付けは白だしのみなので覚えるのも簡単です。

 

③ピリ辛唐揚げ

【レシピ】唐揚げ10個分

  • 酒・・・20cc
  • 焼き肉のたれ・・・20cc
  • キムチの素・・・20cc
  • 砂糖・・・小さじ1
  • 豆板醤・・・3cm
  • にんにくチューブ・・・5cm
  • しょうがチューブ・・・5cm

 

がっつり美味しいピリ辛唐揚げです。

 

私はお酒を飲まないのでわかりませんが、一番ビールに合う唐揚げなんじゃないかと思います。

 

マヨネーズをつけるとさらに美味しさググンです。

 

④中華風唐揚げ

【レシピ】唐揚げ10個分

  • 酒・・・20cc
  • 醤油・・・大さじ1と1/2
  • 鶏がらスープの素・・・大さじ1
  • 味の素・・・大さじ1
  • ごま油・・・大さじ2
  • にんにくチューブ・・・5cm
  • しょうがチューブ・・・5cm

 

ごま油が香る中華風唐揚げです。

 

より中華に近づけたい方は、ここにオイスターソース五香粉などを入れるとさらに深みのある味わいになります。

 

⑤ミルク唐揚げ

【レシピ】唐揚げ10個分

  • 酒・・・20cc
  • 塩コショウ・・・小さじ1
  • オールスパイス・・・小さじ2/3
  • ブラックペッパー・・・小さじ1/3
  • スキムミルク・・・小さじ2
  • にんにくチューブ・・・1cm
  • しょうがチューブ・・・1cm

 

シンプルな塩コショウ味だけどやみつきになるミルク唐揚げです。

 

スキムミルクを入れることで肉の臭みを取ることができ、コクもプラスされます。

 

ごはんと一緒にというよりは、KFCのような感覚で食べる唐揚げですかね。

 

⑥カレー唐揚げ

【レシピ】唐揚げ10個分

  • 酒・・・10cc
  • 塩コショウ・・・小さじ1
  • カレー粉末・・・小さじ1と1/2
  • ブラックペッパー・・・小さじ1/3
  • にんにくチューブ・・・5cm
  • しょうがチューブ・・・5cm

 

いつもと違う味が楽しめるカレー味の唐揚げです。

 

味がしっかりしているので冷めても美味しくお弁当にもおすすめです。

 

最強の唐揚げを目指す研究は続く…

最強の唐揚げを求め日々研究していますが、まだまだ自分の中でこれだ!という味付けに出会えていません。

 

そして味付けと並行して衣の研究もしなければならないのでゴールは果てしないです。

 

この体が唐揚げになるまで私は走り続けます。(意味不明)

 

さて、今日はウーバーイーツでどの唐揚げを頼もうかな。

 

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村